Monthly Archives: April 2019

男なら裸で行くぞ! iPad mini

ずーっと待ってたよー! iPad mini。

私がiPad miniに求めるのは「コンパクトで軽いこと」です。iPad Proも所有しておりますが電車通勤で使うには以下の理由で使いづらい。

  • 重量が重いため,紙の本のように胸の前で持ち,その状態を維持することができません。なので電車の中では太腿の上に置いて両手で画面の角度をで調整して本を読み動画を観ます。(電車内でよく見る太めのスーツ姿のおじさまは,出っ張った腹にiPad 10.5インチの下縁を引っ掛けて両手で左右の縁を支えて使っております)
  • iPadを腿や腹の上に置くことで,画面から目までの距離が離れるため文字が読みづらくなります。また,目線は極端に下向きになるため,肩や背中がバリバリに凝ります。いわゆるスマホ首の極端な状態です。
  • 太腿の上に置くことに加えて,画面も大きいので隣の人から「覗き込まなくても」丸見えです。

と言うことでminiを購入しました。結果は非常に快適で片手で胸の前,顔の前に支えながらKindleを読むことができます。上記Proの電車通勤でのデメリットが解消されました。

私の使い方ですが,「裸」で使います。miniは「コンパクト」「軽量」が売りです。これに,ガラスフィルムを貼ったり,ケースを付けたりすると,折角のメリットである「コンパクト」,「軽量」が薄れてしまいます。

結論 裸mini + スリーブケース+ AppleCare+ 最高!

  • 持ち運ぶ時の傷や破損が心配なので,スリーブケースに入れることにしました。
  • 革製のスリーブケースによりフォーマルな場所でも「安っぽさ」「子供っぽさ」がない。
  • 裸使用中の落下などによる破損に備えて「AppleCare+」の保証をつける。

この組み合わせ最高です。

実は,私,この結論にいたるまでカバーやフィルムも試しました。

背面ソフトカバー[Amazonリンク]も使いましたが,軽さをもとめるminiの重量が増えてしまいます。さらに,今までの経験から,カバーを付けると,Appleの本来のデザインが持っている「洗練」とか「スタイリッシュ」というイメージをスポイルするような気がします。結局はAppleのデザインそのままの裸が一番と感じてしまいました。

画面を覆うガラスフィルム[Amazonリンク]も買いましたが,やはり重量が増えることと,画面タッチの反応が僅かですが鈍くなります。

私,日本で最初に発売されたiPhoneも3Gから使い始め,iPadは2から使っております。傷がつかないようにカバーとフィルムを幾つか買い直したりしながら万全の体制で保護しておりました。でも,1年を過ぎると新機種が発売されて旧モデルとなり,ケースやフィルムの艶にくすみがかかると,ケースとフィルムを外して裸に近い状態で使うことが多くなります。

それなら思い切って,miniは裸でAppleのデザインそのままでスタイリッシュに使おう。壊れた場合は,過失による破損にも対応してるれる2年保証の「AppleCare+」に加入する。保証期間がきれるまでガンガン使って元を取る。

どうせ保護カバーやフィルムなど数回買い換えれば数千円はかかります。この代わりに税込9千円程度の「AppleCare+」をつける。カバーやフィルムでしっかり保護して2年後までピカピカの無傷に保っても,大した価格では売れないし,新型が欲しくなります。

でも,カバンの中ではケースが欲しいところ。裸miniのままでは書類のクリップやホチキス,ペンのクリップや家の鍵などと擦れて傷がつきます。そんな時は,スリーブケースがとても良い。使うときに「スゥッ」と出して,「スゥッ」と仕舞う。

ウェットスーツのような生地でできたスリーブケース[Amazonリンク]を買いましたが,やはりネクタイが必要な会議では,高級感あるのがいいです。私が選んだんのは,これ。

素晴らしいの一言。しっかりとした本革で作られており,内側はソフトな布で内張されて画面や背面をしっかりと保護できる。裸のiPad miniを入れる時は,キツ過ぎずユル過ぎずの絶妙な抵抗感があり,入れてしまえば逆さにしてもiPadが滑り落ちることはない。

iPad Proの11インチを会議中で使うと「お!使ってますな」的な人目が気になります。かといってスケジュール確認やメモのために,iPhoneなどの携帯電話を出すのはやはり「子供っぽい」しマナー的に如何かと思います。mini 7.9インチであれば「いかにも感」もなく「子供っぽさ」もなく高級なシステム手帳にも劣らない革ケースなら会議にもぴったりです。