Author Archives: JH1AVZ

交信証明書(QSLカード)記載事項

今回はQSLに記載が必要な必須事項について少し掘り下げて書いてみます。

QSLカード記載必須事項

    1. 発行者が相手局と交信した事を証明する旨の宣言
    2. 発行者のコールサインと交信相手のコールサイン
    3. 交信の日時
    4. 交信周波数
    5. 交信のモード
    6. シグナルレポート
    7. 地理的な運用場所
    8. QSLカード発行者の署名(2018/09/04 必須事項から除外、追記あり)

*以上の事項が用紙の同一面上に書かれている必要があります。

1. 相手局と交信した事を証明する旨の宣言

  • QSLカードは交信証明書なので「Confirming our QSO」や「貴局との交信を証明します。」など、証明を宣言する必要があります。

2. 発行者のコールサインと交信相手のコールサイン

  • どの局がどの局と交信したかコールサインを使って第三者が見てわかるように記載します。発行者のコールサインに加えて「To Radio JA1○○○」または、1.の交信証明の宣言に相手局コールサインを加えて「Confirming QSO with JA1○○○」と書く。
    ※ JA1○○○が相手局コールサインとした場合

【備考】

  • QRAは電信で用いられる略語で局名(コールサイン)を意味し、オペレーターの氏名ではない。

3. 交信の日時

国際的にはUTC(協定世界時:Coordinated Universal Time)を用いて表示します。

  • 「2018年6月2日午後3時6分0秒」を表示するISO規格の基本型は「20180602T150600」です。
  • 日付けと時間はアルファベットの「T」で区切ります。
  • また、年月日の間をハイフン「-」で、時間をコロン「:」で区切って「2018-06-02T15:06:00」と拡張型で表示することができます。

しかし実際のQSLカードでは

  • 日付と時刻の間の「T」は省略してスペースで分離して書く。
  • 拡張型記載法の年月日間の「-」を使わない場合は、月と日がともに2桁表示となり両者の判別がつき辛いので、1月であれば「Jan」、2月は「Feb」と月を英語で表記し、「Jun 12 2018 23:30Z」や「2018 Jun 12 23:30Z」と書かれることも多い。
  •  時刻は分までとし、秒は省略する。
  • 時刻は「2356Z」または「23:56Z」と時刻の直後にアルファベットの「Z」を置くことでUTC時刻であることを示すことができます。
  • 日本国内交信の場合は、JST(日本標準時:Japan Standard Time)で示すこともできます。
  • 実際にはUTCやJSTを時刻の後ろに続けたり、日時記載の付近に記載さてることが多い。
  • 時刻記載箇所の直後「23:56 JST」、あるいは時刻の周囲のわかりやすい場所に「JST」を付記する。

【備考】

  • 日時と時刻は「UTC」か「JST」のどちらの時刻かが分かるように示す。
  • 年は西暦を4桁で「2006」と書く。「’06」と省略すると年だか、月だか、日だか間違えやすくなる。
  • UTCは時刻の直後に「Z」を記して世界標準時であることを示すが、JSTの場合は時刻の直後に「J」を示して日本標準時刻を示すことはできない。

4. 交信周波数

交信で用いた具体的な周波数を書くか、”帯”(Band)で書くか、”帯”で示す場合には周波数帯か波長帯かに分けられる。

  • 周波数(Frequency)で示す場合は使用した具体的な周波数を記載する。「432,800 kHz」または「432.800 MHz」と書き単位は「kHz」なのか「MHz」なのかを明記する。
  • ”帯”(Band)で示す場合は、周波数”帯”を単位(MHz)とともに示し、波長”帯”で示す時は単位(m)で示す。

【備考】

  • 単位なしで「10」と書かれている場合、「10 MHz帯」なのか 「10 m帯」かが不明となる。
  • 周波数帯(Band)の項目に「7,055 kHz」と具体的な交信周波数を書くのは誤り。
  • 「カンマ(,)」と「小数点(.)」を間違えないようにする。

5. 交信のモード

相手局と自局の交信に用いたモードを記載します。

  • SSB、AM、FM、CWと交信に用いた変調あるいは通信モードを記入する。
  • お互いの交信が「SSBとSSB」,「AMとAM」のようにモードが同一の場合は、「2-Way」 または「2x」と書く。
  • お互いのモードが異なる場合には、「SSB x CW」のように「相手局モード x 自局モード」と書く。

6. シグナルレポート

  • 「RST System」より相手局の発した電波の受信状況を受信者が評価する。
  • Rは「了解度:Readability」、Sは「信号強度:Signal strength」、Tは「音調:Tone」を示す。
  • CWまたはRTTYでの通信では、R、 S、 Tの3種で評価する。
  • SSB、AM、FMの音声交信では「音調:Tone」を除いたRとSの2種で評価する。

RST Systemの詳細は以下を参照
https://ja.wikipedia.org/wiki/RST%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89

7. 地理的な運用場所

どこから電波を発したいてかを明示する。

  • 運用場所の国名、都道府県名、市町村名を明記する。より詳細な場所を示すことが望ましい。
  • 緯度および経度で表示することができる。

【備考】

  •  QTHは電信で用いられる略語であり、緯度および経度(または他の表示による)を示す方法。
  • CQ Zone、Grid Locator、山名などは相手局のアワード申請に便利であるが必須ではない。
  • こちらが発行するQSLカードに相手局の運用地を記載するのは証明書としては適切でない。

8. QSLカード発行者の署名(2018/09/04 必須事項から除外)

  • 証明書であるQSLカードでは直筆のサインが必要であるが押印は必須でない。
  • JARLアワード委員会では、アワード申請に用いられるQSLカードの必要な記載内容としてオペレーターの氏名および自署を求めていません。(http://www.jarl.com/award/Q&A/Q&A.htm)<2018/09/04追記>
  •  ARRLのDXCCを含むアワード申請に関し、ARRLアワードマネージャーが「Signature is not required on QSL cards」つまり自署は求めないと回答しているとの報告がある。この報告については、JO1QNO局のWebを参照されたい。<2018/09/04追記>

June 6 2018

QSLカード 書くべき事、書かざるべき事

QSLカードとは

QSLカードとは、交信の事実を確認または承認する証明書です。それぞれの無線局が発行するQSLカードには様々な工夫や趣味趣向が盛り込まれています。しかし証明書として認められるには最低限必要な記載事項があります。その必須項目と、あると便利な情報、そしてQSLカードに書いてはいけない事柄を整理してみます。

交信証明書(QSLカード)記載事項

以下の項目はすべてQSL発行者の情報です。

必須項目

  • 相手局と交信した事を証明する旨の宣言
  • 発行者のコールサインと交信相手のコールサイン
  • 交信の日時
  • 交信周波数
  • 交信のモード
  • シグナルレポート
  • 地理的な運用場所(市町村名、都道府県名、国名)
  • QSLカード発行者の署名(2018/09/04 必須事項から除外)

※ 必須期最事項の注意点は後ほど纏めます。

よくある追加的情報(必須ではない)

  • ITU Zone、CQ zone、JCC/JCGなどアワード関連の整理番号
  • 交信に利用した無線機とアンテナ
  •  交信相手局発行のQSLカード要求(PES QSL)または、相手局発行のQSLカードを受領(TNX QSL)した旨の表示
  • 特記事項(RMKS)
  • 氏名、住所または居住地
  • Emailアドレス等連絡先
  • 旧コールサイン、その他のコールサイン
  • 所属クラブ等会員情報

禁止項目

  • 宗教的・政治的主張
  • 著作権、肖像権など他者の権利を侵すもの
  • 卑猥な写真、絵、記述(冗談のつもりでもアウト)
  • 社会的に憚られる事柄

June 2 2018

Googleカレンダーに無線イベントを追加する

Googleは電子メールやカレンダーなど、無線局の運営にあると便利なツールを無料で提供しいる。その一つとして今回はGoogleカレンダーの利用をご紹介します。この方法は『CQ ham radio』誌にも紹介されている方法です。

先ずは前提として、Google IDを持っている、すなわちGmailアドレスを持っていることです。ただ、日常利用するのメールやカレンダーと無線用のそれらを分けて使いたい方は、無線用にGoogle IDを追加作成してもいいと思います。私はそうしています。

無線イベントの登録方法

  1. Google IDにログインする。
  2. 「CQ ham radio WEB MAGAZINE」( http://ham.cqpub.co.jp/ )にアクセス。
  3. ページの右カラムにあるGoogleカレンダーの右下にある[+Googleカレンダー](図の赤丸で囲われた部分)をクリック。

Google IDを登録して初めて開いた私のカレンダー画面。

上の絵は、産な状態で初期状態で登録されている日本の祝日のみが登録されている状態。

この小さなカレンダーに記載された内容が、自分のGoogleカレンダーに反映されます。

Googleにログインした状態で、「CQ ham radio WEB MAGAZINE」トップページの右カラムのカレンダー内右下にある「+Googleカレンダー」をクリックする。

「CQ ham radio WEB MAGAZINE」がGoogleカレンダーで提供している(共有を許可している)登録イベントの中から必要なものを選択して追加する。

登録した自分のカレンダーを開くと、先ほどの「CQ ham radio WEB MAGAZINE」がGoogleカレンダーに登録しているイベントが自分のカレンダー内に反映されている。

上の図の左下の赤枠で囲った部分に共有されているイベントの種類がリストされる。このリストをクリックすることで、それぞれのリストのイベントをカレンダー内に表示したり非表示じしたり選択できる。また、各イベントの色の割付も変更できる。

 

移動する局を複数開局できるか?

移動する局を国内で複数開局できるような、できないような、お話がwebページで散見されます。移動する局であっても地方総合通信局の管轄エリアをまたいで開局すると、異なるコールサインが発給されるはずです。複数コールサインを持つことで運用上便利な点もあります。

そこで、移動する局をエリアを跨いで複数開局できるかについて検討ます。現在、私はAエリア総合通信局管内で移動する局を開局していますが、この局を維持しつつ、Bエリア総合通信局管内で移動する局を開局することを想定しています。AエリアとBエリアを所管する総合通信局にお問い合わせしましたのでその結果の概要です。

問い合わせ概要

現在Aエリア総合通信局管内で移動する局を開局しているが、異なるBエリア総合通信局管内の〇〇町に定期的に訪れる予定がある。そこで、無線機を毎回持っていくのが大変なのでAエリアで利用している無線機とは別の無線機を〇〇町に常置場所として設置するので移動する局を新たにBエリアで開局したいが如何か?

 

最初にBエリア総合通信局の回答の概要は以下の通り。

Bエリア〇〇町に無線機を置いておき、それらも現在のAエリアを常置場所とする移動局の無線機として登録しておけばBエリアでも運用可能ではないか。

やはり、すでに移動する局を開局しているので、複数開局して欲しくないというのがBエリア総合通信局の考えのようです。

 

次にAエリア総合通信局の回答の概要は以下の通り。

Aエリア総合通信局では申請する常置場所で管理できるのであれば、他エリアで移動局を開局していてもAエリアを常置場所とした移動局を開局できます。

ただし、常置場所が無線従事者の住所と異なる場合は、そこで管理(無線局?or無線機?)できることが必要なので、それを示す書類として常置場所所有者の開設同意書などの書類の提出が必要であるとのことでした。

 

まとめ

結果として、地方総合通信局ごとに複数の移動する局開設に関して見解が異なるようですが、私の現在の常置場所を管轄するA総合通信局では複数移動局の設置を認めておりました。

私が考えるに、基本的に「常置場所」は申請者以外の人が「ここにしなさい」と決定するものではないと思います。申請者が「ここで管理できる」と判断しそれが客観的な書類で示すことができれば「常置場所」をどこに設定するかは申請者の自由だと思います。

また、「常置場所」の定義がはっきりすればもう少しわかりやすくなるのですが。法的に「常置場所」の定義ってあるのですかね?わかる方がいらしたら教えてください。

Mar 27, 2018

 

Mini Bag for Handy Talky


言わずと知れた超小型トランシーバーSTANDARD VX-3ですが、超小型アンテナDIAMOND SRH805Sの購入を期にイヤーピースマイクロホンや予備バッテリーなどの周辺機材をいれるポーチを検討して見た。

このポーチはPORTER(吉田カバン)が、Appleとのコラボ企画で作成したもので「AppleStore限定iPod/iPhoneポーチ」として販売されていたものだ。外側のポケットにトランシーバを入れると出し入れしやすいのと、オレンジ色の紐はゴム製で伸縮性があり付属の留め具で絞り込むことができるためしっかりとポーチに収めることができる。またポーチのU字の切れ込みからトランシーバの表示画面を覗くこともできる。

奥のポケットには、イヤホンマイクや乾電池、専用予備バッテリーなどを入れても十分に余裕がある。

また、ポーチの裏にはカラビナを掛けることのできるD環、縦(ホック)と横(ベルクロ)のストラップにより腰のベルトやリュックの胸部の肩掛けに取り付けることができる。

ハンディートランシーバーに必要な物をこのポーチにまとめておくとでトランシーバを持ち出す準備にほとんど時間がとられなくなった。

このポーチはiPhone5の時代に作られたものなので現行のiPhone8には縦のサイズが合わないがトレンシーバ用としてはまだまだ使える。何と言っても、無線をかっこよく運用できるしPORTERというブランド名が無線の陰気さを打ち消してくれる。

私のポーチと同じサイズの商品は現在販売されていないようだが以下の広告の商品は私のと後続商品だ。かっこよく無線を運用したい人は検討されるのも良いでしょう。

Amazon————

https://amzn.to/2G5HDb3

Rakuten————

【4時間限定ポイント19倍!3/25(日)20:00から※要エントリー】吉田カバン ポーター PORTER!ポーチ 【DRIVE/ドライブ】 635-06829 メンズ ギフト レディース 【ポイント10倍】[ゆうパケット不可] プレゼント ギフト カバン ラッピング【あす楽】